スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6/21】 Usual daily life! 

目はなんとか腫れてない、少し赤いかな?っていう程度。

「パッと見てわかンねェから大丈夫だって!」

泣いたことがわかんないかどうか気にする蜜琉に江間が笑う。

「後ねェ、ちゃんと保健室行ってもらうからねェ!」

はぁい、と渋々承諾しながらキャンパス付近まで自転車の後ろに乗せて貰いながらここまで来た。

「怪我するのが悪いンだからねェ!言っておくけど強制連行!反論は聞かねェ!」

なんだかおかしくって笑ってしまったら、何笑ってんのってまた怒られた。








キャンパス前に着くと、見慣れた顔が立っていた。

「おはようございます、玖凪先輩」

・・・やばい、あたし携帯切ってたのよねぇ、とか思いながら声をかけてきた相手、岩崎木乃香におはようと返しながら誰だろうって顔の江間に、岩崎木乃香ちゃん保健室の主と蜜琉が説明する。

「あー、コノカさん!」

聞いたことあるの?って聞くと、うん、ちょっとねって笑う。それから、保健室の人なら丁度いいからと引き渡される。

「・・・捻挫ですか。詳しく聞かせて頂きますからね?後、お義姉様もお待ちですから」

そう言って木乃香は江間に軽く会釈すると蜜琉を文字通り、連行した。

「帰り迎えに来るからねェ!」

江間も会釈を返すとそれだけ伝えて自分のキャンパスに向かった。





保健室に着くと、岩崎燦然世界と赤金茜がいた。

まず足の治療をされた。歩きにくくないようにテーピングされて湿布も貼ってもらってお礼を言う。

もちろんその間、木乃香ちゃんに昨日の夜何してたのかと聞かれたのだけれども。

素直に、GTに行ってましたと告白して怒られた。
ごめんなさい、もうしませんって言ったら、少しの間黙ってからもうしないでしょうからいいですって許してもらえたけれど。

それまで黙ってた岩崎燦然世界が立ち上がってベッドに腰掛けていた蜜琉の前に立つ。

それから、両頬を挟むようにしてパチンっと叩かれた。突然で吃驚して目が丸くなる。


「馬鹿者、何故私に相談しなかった!そりゃ、私居なかったけどだな!!」

「矛盾してます、お義姉様」
「矛盾してます、岩崎様」

木乃香と茜の声がはもる。

後、クロダ殴っといたから。お前らはホントになぁ!!」

ますます目が丸くなる、素直に殴られるクロダも想像ついてもうなんだかおかしくなって蜜琉は笑ってしまった。

「あ、あは、あははは!ありがと、世界ちゃん。それから、ごめんなさい!後、大好きよぅ!!」

「笑うとこなのか!そこ!!!後私も叩いてすまん!私も大好きだ!!!なんだこれは!百合フラグか!!」

「実にクナギ様らしいです」

多分、もうこれだけで伝わっただろうと思いながら。蜜琉の頬をぐいぐい撫でながら燦然世界が言う。

「今度からちゃんと話せ、そういう色事にはてんで疎いかもしれんが。私はお前の友達だろうが!」

「うん、ごめんなさい、今度からちゃんと相談するわよぅ!世界ちゃんとこにお泊りとかして女の子の会話ってのも楽しそうよねぇ?」

「あ、それいいな!よし、今度来い!狭いがな!!」

「はいはい、一件落着でよろしいですね?授業が始まりますよ皆様」

保健室の主に促されて教室に向かうべく部屋を後にする。去り際にもう一度三人に、ごめんなさい と ありがとう を言って教室に向かった。



放課後、大分楽になった足を軽く引いて校門前に向かう。

「蜜琉、ちゃん。足、どうしたの?」

声をかけられて振り向くと、如月・斑が立っていた。
捻挫しちゃってと答えると早く治るといいね、と言ってから蜜琉をじぃっと見つめてにぱっと笑顔で口を開く。

「蜜琉ちゃん、もう大丈夫、ね?」

「うん、もう大丈夫よぅ!」

何が、とは言わない。言わなくてもきっとわかるから。
えへへ、と笑って斑が結社に行くからと蜜琉に手を振って去ってゆく。

入れ違いに自転車が目の前で止まる。

「お待たせ!」

「ありがと、じゃぁカフェまでよろしくねぇ!」

自転車がゆっくり滑り出す、何時もの日常が動き出す。

掛け違えたボタンを嵌めなおしたように。
雨上がりの空に虹が架かるように。
どんな夜にも朝が来るように。

少しだけ今までと違うけれども。


カフェに着いたら、もう忍ちゃんハクヤちゃんが待っていて。

「お待たせー!ごめんね遅くなっちゃった?」

って声を掛けたら、二人で顔を見合わせて

「待ってないから大丈夫だ、先輩」
「待ってねぇよ!」

って言って笑うから、あぁなんだかもう。

「ありがと、二人とも大好きよぅ!!!」

って言ったらその後が大変で。

え、俺は!とか俺も俺も!とかいやいや俺は忍が一番です!とか。

そうこうしてる内に真田がどこからともなくひょっこりと現れて、にゃは♪なんか楽しそうな事してるね!あたしも混ぜてよ♪と更にややこしくなって。

最後には出てきたカフェの仲間全員でふざけあって笑っていた。


本日、カフェは通常通り営業中!!!










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。