スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7/7 夜】 七夕、海辺、花火 

七夕~夜空の星と地上の星~


自転車を邪魔にならない場所に置いて鍵を掛け、花火が入った袋を持つと、蜜琉と江間は浜辺へ向かった。
辺りはもう暗くて、でも月明りが綺麗だった。転ばないように、ともう一度小指を繋いで歩く。

待ち合わせ場所には丁度いい時間に着いたようだ。浜本と野田が一緒にいるのが見える。

「玖凪先輩ー!江間先輩ー!こっちです!」

野田が蜜琉達を見つけて、可愛らしい浴衣姿で一生懸命手を振っている。その横で、野田を見守るように笑いながら浜本も手を上げる。


「こんばんはー!英ちゃん、千絵子ちゃん!いい夜ねぇ!」

蜜琉がふっと小指を離して浜本と野田に手を振りながら駆け寄って行く。

「こんばんはッ!あ、走ったら危ねェッて店長!!」

後ろを追いかけながら江間が笑う。

「大丈夫よぅ!どっちかっていうと良将ちゃんの方がこけそうよねぇ?」

蜜琉が野田に向かってにっこり微笑む。野田も微笑みながら、そうですよと返事をする。

「ちぇー!あ、野田も浜本先輩も浴衣お似合いだねェ!俺は動きにくそうだったから甚平にしちゃったんだよねェ」

「折角だからね、江間クンも今度は着てみるといい。夏祭りや花火大会はこれから沢山あるしね」

浜本は自分が褒められるよりも恋人の野田を褒められた事が嬉しかったのか満足したような笑顔で笑う。

「玖凪先輩の浴衣も素敵です、大人っぽいのに可愛らしくて・・・!」

「千絵子ちゃんのが可愛いわよぅー、英ちゃんノックアウトって感じよぅ?」

蜜琉が野田をからかいながら花火をするのによさそうな場所まで歩く。荷物持ちはもちろん男性陣だ。

きゅっきゅっきゅっと鳴る砂を踏みしめて歩く、周りにはすでに花火を始めている者が何組か居た。見た事のある顔もチラホラ見かけたが、それぞれ楽しそうだ。

持ち寄った花火に、点火用の蝋燭、消火用のバケツ。準備をしてさっそく花火を始める。

「本当は、ロケット花火もしたかったんですけどゴミになっちゃいますし諦めました」

そう言いながら千絵子が手持ち花火に火を点ける。数瞬の後、綺麗な光の花が咲く。それぞれが思い思いの花火を持ってその美しさを楽しんだ。

「うわー!キレイキレイ!花火面白いねェ!!」

江間が子どものようにはしゃいでいる、浜本がそれに付き合いながら色が様々に変わる花火に火を点ける。
それを見て蜜琉と野田が笑いながら花火を手に持ち、こそこそと話をしていた。

「でねぇ・・・」

「はい、そこを・・・」

浜本が何をしてるのかなという目で見ていた気がするけれど、そこは花火を音や波音に掻き消されて聞こえてはいないようだ。

あらかた持ってきた花火を遊び終えて、残りは線香花火だけになった頃。
テンションが上がりきった江間が砂に足を取られる、咄嗟に浜本の腕を掴むが――

「うわッ!」

「おっと・・・っ」

突然の事であったのと、砂浜で足場がよくなかったせいもあって堪えきれず浜本も一緒に砂浜に倒れこんでしまう。

そこへ、蜜琉が江間に、野田が浜本にすっと手を差し伸べて――――


「「・・・大丈夫かい?俺の可愛い小鳥」」

江間と浜本が一瞬言葉を失う、息さえも忘れたように。この瞬間の蜜琉と野田はもの凄くかっこよかったに違いないだろう。GTならば白燐奏甲かけた上でCritical、一撃必殺ものである。


ハッと我に返り、差し出された白い手を二人が掴む。

「・・・眼鏡は何処かな、私の可愛い小鳥」

浜本が意趣返しに野田にそう言うが、野田はクスクスと笑って眼鏡を拾う。

「・・・ありがとう、わたしの美しいアゲハ蝶」

江間も負けじとそう返すが、蜜琉はどう致しましてと余裕の笑みだ。

「ってゆーかなんでそんな息あってんの二人!」

砂を叩き落としながら江間がどこか悔しそうに、蜜琉と野田に言う。二人はクスクス笑って内緒と人差し指を唇に当てた。
その仕草に、またもや男性陣はノックアウトされるのだが。

それから、残った線香花火を皆で遊んできっちり後片付けをする。バケツは野田達が持ってきてくれたので、ゴミは蜜琉達が持ち帰る事になった。
また遊ぼうと約束をして、手を振って別れる。浜本と野田を見送って、蜜琉達も自転車へと歩き出す。

「良将ちゃんが、またこけるかもしれないからねぇ?」

くすくす笑って蜜琉が小指を繋ぐ、月は半月、星明りが美しかった。







スポンサーサイト

コメント

無断拝借

予告どおり、無断拝借です^^

だめとか言っても知らないんだからねっ(誰だ)
  • [2007/07/17 22:44]
  • URL |
  • 玖凪蜜琉の中の何か
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。