スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土蜘蛛戦争 中編 

制圧し終えた場所にメディックの部隊によって重傷者の休息場が作られていた。

治療を受けさせる為にガンナーは簡易テントが張られた場所に向かう。


「下ろして、大丈夫だから!まだ戦えるわ」


「駄目だ、無理をするな!」

何時にない怖い声にビクンと身を竦める。


「あ、いや、すまん・・・これ以上無理はするな、頼むから」


そんな顔で言われちゃったらもう何も言えないじゃない、と小さく呟いて腕の中で僅かに頷く。

「わかった・・・じゃあ約束してね?絶対ちゃんと帰ってくるって」


「約束する」

蜜琉をテント近くに下ろしてガンナーが力強く頷く。

そして軽く額に触れる。

「行ってくる!」

時間のロスを取り戻すかのように走り出す背中を追いかけたい衝動抑え込んで必死でただ無事を祈る、胃が冷えるような感覚。


飛び込んでくる悲報、誰かの泣き声。

怖くてたまらない、失くすかもしれないなんて。
無意識にふらりと立ち上がる、足はまだ動くのだから行かなくちゃ。

「君、どこに行くんですか」

知らない神父服に身を包んだ男に呼び止められる。

「行かなきゃ、だって誰が背中を守るの・・・っ」


泣きそうな顔をしていたのだろう、泣いていたのかもしれない。


「落ち着きなさい!君が追いかけようとしてる人はそれを望んでいるのですか?」


待っていろと言ったならそれを信じなさい、と。


「・・・ありがとう、落ち着いたから・・・ごめんなさい」


よかった、と思う。

知らない人で、知っている人ならこんなに取り乱した自分を見たら驚くだろう。


「大丈夫ですね?僕はもう行かなければならないので失礼しますが」


頷いて返事をする。

「では失礼します」

そう言うと男は戦線へと戻ってゆく。


名前を、聞き忘れたなとかぼんやりしていると見慣れた男が二人、こちらへと向かってくる。


「あれっ玖凪君じゃないか!あっはっは、菫ちゃんもしくじっちゃってね!ここに来る途中で会ったもんだから一緒にきたのさ」


「ミツル姐さんもお怪我なすったンでしょう?ご無事でやすか??」



少し元気のない蜜琉の姿を心配してか、自分たちだって酷い怪我をしてるのにしきりに声を掛けてきてくれる。

ぐっと顔を上げて、前を見て。

「大丈夫よぅ!歩けるし、治療もしてもらったしねぇ!二人も早く手当てしてもらってきなさいよ、それから戦況がどうなってるのか教えて?ね?」


「じゃあ、また後でねっ」

ずるずると体を引きずって治療班のテントに入ってゆく。


うまく、笑わなくちゃ。
自分が信じなくて、誰が信じるのかと言い聞かせて。


「蜜琉さんやん、あんたも怪我したんや?」

声に顔を上げると、クラスメイトであり同じラストスタンドに所属する百鬼 祐平の顔があった。

「あら、なきりんも怪我しちゃったの?大丈夫??」


「あー、ちょっとヘマしてもうてなー。まーしゃーないさね」

教室で見るような笑顔と体中についている血が妙にリアルで少し顔が硬くなったのに気が付いたのだろうか。

「蜜琉さんこそ大丈夫なんか?なんか、顔色悪いで?」

「大丈夫よぅ、それより早く治療して来たほうがいいわよー?」



どこからか伝令に走る人の声が聞こえてくる。

「宮戸地区制圧、これより女王の領域を進攻開始されます!死傷者は・・・・」


人の怒号や何やらで聞き取り辛くはあったが数名が命を落とし、多数の重傷者が出ている事を知る。

ただ祈ることしかできずに刻々と時間だけが過ぎ行くのはなんと歯痒いのか、焦燥感だけが募るばかりで。


「姐さん、これをお飲みくだせェ!!そこでもらってきたお茶ですけども」


治療から戻ってきた妙蓮寺と鬼頭が配給されている暖かいお茶を持って蜜琉に声を掛ける。


「皆無事みたいだから玖凪クンもちょっと休んだ方がいい気がする、ってトルテルティ星団の友人も言ってるよ!」


「大丈夫よー、ここで待ってるって約束したしねぇ」


渡されたお茶を一口飲みながら笑って答える。


「あっしも一緒にお待ちしやす、燦然兄さんや木乃香姐さん達もまだ前線に出ておられやすし」


「菫ちゃんも一緒に待つよっ!カブラギクンや赤金クンたちもまだ頑張ってる事だしねっ」


約束した相手が誰とか野暮なことは聞かずにどちらともなく腰を下ろして同じ方角を見つめていた。


願うは前線に赴く者の無事、ただそれのみ。
スポンサーサイト

コメント

燃えろ俺の妄想力

さ、多方面に迷惑をかけながらSS進行中です。

白ちゃんの中の人、菫ちゃんの中の人感謝!!!!

神父の中の人は言わずもがなで!w


後、事後承諾じゃまずいかなーて方のは承諾後追加!

そして直してくるダッシュ
  • [2007/04/04 22:56]
  • URL |
  • 玖凪蜜琉の中の人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

こっちにもコメントしちゃうぜ!
ハチやんとこのSS拝見した時も思いましたけど、こういうのって物凄い情景が想像できますねー!
もう私の脳内では完全にアニメ化してますよ。OP&ED&予告付きで。
蜜琉ちゃんはほんともう切ないったら!
かわいいです。同じ女として妬ましいッ!!(何の話ですか

前編では出演させていただいて感謝です!うれしいなー!
キャッチとか拾ってくださってて感謝。
あと「私が泣くからな!」てのも絶対言うと思います(笑
  • [2007/04/04 22:58]
  • URL |
  • 岩崎燦の中のアレ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントはやっ!何これはやっ!!

OPとEDの曲が知りたいよー知りたいよー(カレーパンの歌風味)

女子高生万歳!(おっさん入った)

大丈夫、後編でドーンですから(爽)

おかしな点があったらぜひぜひご意見プリーズなのです!です!
  • [2007/04/04 23:22]
  • URL |
  • 玖凪蜜琉の中の人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

わーい

キャラ使用おっけーですよって言って頂いたので書き足し!

ありがとうございましたー!(ここでお礼を言うなと(以下略

なにぞ、口調補正ありましたらお気軽に!今後ともよろしくですw
  • [2007/04/05 00:56]
  • URL |
  • 玖凪蜜琉の中の人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そういえば

木乃香はメディックだった筈なのですが。
なんで女王戦までフル出場やねん。救護テントはどうした。どうもー、木乃香の中の人です。

待ってる情景って切ないですよね。見えない所から騒ぎだけ届いてくる感じがどうにも。
それにしても蜜琉さん可愛いなあ(ほわわん)
軽く頬に触れるガンナーに嫉妬した!このやろう格好いいな!この気配りライオン!
  • [2007/04/05 10:52]
  • URL |
  • 岩崎木乃香の中の人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

まったくです

血を吐きながら戦場を走ってたんだろうなぁと予想します(笑)


待ってるのは性に合わないのに蜜琉!

ぼくのこさま、ぼくのこさま、額!額!(小声とジェスチャーで伝える)
  • [2007/04/05 23:10]
  • URL |
  • 玖凪蜜琉の中の人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。